ホーム > あの有名人の健康法 > タレント・歌手 松居直美さん
元気読本をご自宅にお届けします
元気読本を一緒に作りませんか?編集・デザイナー募集
病院関係者の方はこちら。患者様サービスのご案内

健康コラム

タレント・歌手
松居直美さん

Naomi Matsui

まつい なおみ/1968年1月14日生まれ。茨城県出身。 中学生の時に「歌まね振りまねスターに挑戦!!」(日本テレビ系)に出演し、スカウトされる。1982年「電話のむこうに故郷が」で歌手デビュー。 「欽ドン!良い子悪い子普通の子」(フジテレビ系)に出演し、注目を集める。 その後、得意のものまねやトークを活かし、バラエティ番組を中心にテレビ、舞台、ラジオなどで幅広く活躍。 現在、「はやく起きた朝は…」(フジテレビ系)や「いきなり!黄金伝説。」(テレビ朝日系)に出演中。
増位山太志郎&松居直美デュエット曲「男と女のオルゴール」(テイチクレコード)発売中!

今回のインタビューは、ものまねやトークバラエティ番組「はやく起きた朝は…」でおなじみのタレント・歌手、松居直美さん。11月・12月に行われる公演やお得意の料理についてなど、いろいろなお話を伺いました。

―11月23日、12月26日開催の「ものまねBig3勢揃い大爆笑公演」に出演されますが―――。

 清水アキラさんと栗田貫一さんとの共演になります。アキラさんとはもう30年くらい、栗ちゃんとも30年近い付き合いでよく知っている仲なので、楽しみですね。 公演は一番先輩のアキラさんがひっぱっていってくれると思います。

―ものまねを始めたきっかけを教えてください。

 子供の頃から歌手になりたかったので、「のど自慢」みたいなものに出ていました。
 あと、素人さんが出演できる番組に「ものまね」があったんです。一番初めにものまねしたのは、菅原都々子さんの「月がとっても青いから」でしたね。

―ものまねのレパートリーがとても多いですが―――。

 番組で、ものまねしたのは50人ちょっとくらいだと思います。でも、その中で似てるなって思うのは5〜6人。あとは何となく、雰囲気でまねてる気がします(笑)。

―「はやく起きた朝は…」では、毎回、磯野貴理子さんと森尾由美さんと楽しいおしゃべりを繰り広げられていますが、現場の雰囲気はどんな感じですか?

 もう本当にテレビで見ていただいているあのまんまの雰囲気です。 スタッフの人が「あとは本番にして」と止めるくらい話が弾むので、本番前にはあんまりしゃべらないように頑張っています(笑)。
 前身の「おそく起きた朝は…」からだと、番組は20年。初めて3人で会った時から今のまんま、楽しくおしゃべりしていました。

―クッキングコーナーを担当されていますが、どんなお料理が好きですか?

 お肉を塩とハーブで浸けこんだりとか、ちょっと手間をかけて作る料理が好きです。
 今日も塩麹に浸けた鶏肉が4日目くらいになっていて、お醤油で煮たんです。 お醤油の煮物っていいにおいなので、子供も「スゴイいいにおい。何?何?」って見にきていましたね(笑)。 あと、このあいだは牛たたき用のお肉に酒粕とお味噌を混ぜたものを付けて4日間くらいおいて、それを焼いてたたきにしたんですけど、すごい美味しかったです。

―それだけ手間をかけるのは大変じゃないですか?

 でも、それが楽しい!半額で買った安くなっているものにちょっと手間をかけるだけで素敵なもの♡になる。アジとか夕方に買いに行くと安くなっているから、南蛮漬けにしておくと、次の日にはとても半額とは思えないものになっていて…そういう時になんか喜びを感じますね。

―先程、お子さんのお話が出てきましたが―――。

 高校2年生の男の子です。 うちの子は小学校4年生から不登校になって、家庭で教育するホームエデュケーションっていうのがあるんですけど、6年生の時に腹をくくってそれにしようと決めました。 それからは毎日のように2人で出掛けていましたね。映画やジブリの森、ディズニーランド、海…いろんな所に行きました。 毎日そうやって過ごしていたから、中学生になって親離れが始まった時にはすごい悲しかった。 思春期だからしょうがないんですけど、最初は親としてすごい戸惑いを感じましたね。
 高校生になった今ではとても落ち着いて、自分でも「もう反抗期は終わった」って言っていました。 「あんなに反抗するような態度をとることは、この先もうないよ」って反抗期卒業宣言(笑)。 今は学校が楽しくて充実しているんだと思います。最近は「ああ、頼もしいな」と思うこともありますね。

―いつも笑顔のイメージがありますが、笑顔でいるために心掛けていることはありますか?

 若い時はいろんなことが楽しくて、そのぶん不安だとか悩みもあったんですけど、この歳になると何かがあってもどう解決すればいいのか分かってくるんですよね。 私の場合は、毎日部屋の掃除をして、ちゃんと食事を作ってという当たり前のことをしていると、なんかリラックスして笑顔でいられるんです。
 あと、自分の気持ちがちょっと汚れちゃってたから、卑屈になったり、落ち込んだりしたんだなと思うようになりました。 若い時にはそういうことに気づけなかったんですけどね。 嫌なことがあって洋服を買ったりして気を紛らわせることもありましたけど、今はそれをすると「なんでお金使っちゃったんだろう」って(笑)。 自分の心と向き合って消化ができると、悩みもなくなっていくと思います。

―最後に読者へメッセージをお願いします。

 不安や悩みがない人はいないと思うんです。それはみんな同じ気がします。 私は仕事柄、笑っているイメージばっかりですけど、子供を育てるにあたって苦しいこともありました。でも、そのお陰で今は生きやすいというか楽なんです。 だから、きっと何かがあったとしても、その後には楽しいことが待ってると思います。

ものまねBig3勢揃い
大爆笑公演


日時:11月23日(土) 16:00~
場所:中日劇場
(愛知県名古屋市中区栄4-1-1 中日ビル9階)
チケット予約:0570-55-0881


日時:12月26(木)
昼の部 13:30~
夜の部 17:30~
場所:大阪新歌舞伎座
(大阪市天王寺区上本町6-5-13)
チケット予約:06-7730-2222