ホーム > あの有名人の健康法 > 演歌歌手 中村美律子 さん
元気読本をご自宅にお届けします
元気読本を一緒に作りませんか?編集・デザイナー募集
病院関係者の方はこちら。患者様サービスのご案内

健康コラム

演歌歌手
中村美律子さん

Mitsuko Nakamura

なかむら みつこ/ 1950年7月31日生まれ。大阪府東大阪市出身。幼少のころから“天才音頭少女”として評判を集め、1986年メジャーデビュー。『河内おとこ節』『瞼の母』などのヒット曲が人気を博し、「NHK紅白歌合戦」をはじめ各種歌謡番組で活躍中。また歌番組、トーク番組等の司会もつとめ、明るい笑顔と親しみやすいキャラクターで多くの支持を得ている。1993年より、盲導犬育成支援の会「みつまめ会」を発足させ、盲導犬の寄贈を続けている。

今回のインタビューは、『河内おとこ節』でもおなじみの演歌歌 手、中村美律子さん。心にひびく歌声と明るい笑顔で人気を集め、“みっちゃん”の愛称で親しまれています。そんな中村さんに、健康の秘けつなどを伺いました。

―10月5日から、大阪で舞台が始まりますね。どんな舞台ですか?

 第1部は落語をもとにしたお芝居、第2部は〝秋祭り〞をイメージした歌のステージです。演歌歌手仲間の神野美伽さんと共演で、全部で41回公演があります!神野さんもわたしも、お互い同じ大阪出身で、ふたりともお祭りの雰囲気をすごくもってるから、お客さんにもきっと元気になってもらえると思います。

―全部で41公演とは長丁場ですが、体力を保つ秘けつは?

 そう、体力が一番大切!公演中、1日も休みをとらないんですよ。休むと生活のリズムが狂う気がしてね。
 体力を保つには、よう食べることと寝ること!食べすぎはあかんけどね。ねばねば食材が好きで、納豆、モロヘイヤ、オクラは、朝食で必ず食べてます。冷蔵庫にも必ず納豆がありますね。それから、しょうがもよく使ってます。のどにいいし、身体を温めることが好きなんです。だから、すっごく汗っかきですよ。
 あと睡眠は、やっぱりすべてに一番影響しますね。いうても、歳とともに、寝にくうなってきてるけどね(笑)。寝つきが悪くならないよう、寝る前はテレビはつけません。つい見てしまうし、どこか神経も興奮状態になるからね。

―シェイプアップ体操を続けているとのことですが。

 もう10年程、体操教室に通って、ストレッチや腹筋体操をしてます。だんだん体力を気にしだしてから、運動を始めました。腹筋は、ここに通う前は1回もできんかってん。今は30回はラクラクできますよ。あとはウォーキングや、卓球もやってます。めざせ(福原)愛ちゃん!足も使うし、ヘロヘロでコケそうにもなんねんで(笑)。
 やっぱり舞台を見に来てくれはるお客さんに失礼のないように、100%の力が出せるようにがんばってます。『河内おとこ節』でも、歌いながらしゃがんで、パッと立ったりするからね。そのうち「よいしょ」なんて言うようになったらいやでしょう(笑)。120歳まで元気で歌えたら幸せだなあ…って思ってます。

―ご自身の健康で気になることは?

 この年代は、順番にいろんなことが来ますからね。最近は階段を上がるときに、ひざが気になるかな。これもね、頻繁に歩いてるときは平気なんですよね。だから、ちゃんと動かすべきところで、身体は動かさなあかん、ゆうことですね。できるだけエスカレーターにのらず階段を使ったりして、気をつけてます。

―盲導犬の育成活動を続けられていますが、きっかけは?

 紅白に初めて出場できた翌年の1993年に、「夢の舞台に出させてもらえるなんて、皆さんがぎょうさん応援してくれはったおかげや」いう感謝の気持ちで、何か恩返しさしてもらえることは無いかなと考えてて。
 そのとき、目の不自由な夫を支える妻の気持ちを歌った曲を出すことになったんですよ。そこで盲導犬の寄贈を始めました。毎年こつこつ続けていて、今では34頭になりますね。今年は宮城県へお贈りする予定です。

―中村さんといえば笑顔がとっても魅力的ですが、疲れて笑顔になれない…なんてときはないのですか?

 そういうときは…ないかなぁ。歌うことが、一番楽しいからね。その喜びや、お客様に「来てよかった」と思ってもらうことに、やりがいがあるんですね。運動も、そのやりがいがなかったら続かないと思うんです。

―歌謡雑誌で、人生相談の連載もされています。

 いろいろな相談が来ますね。「退職してこれから何をしていいか分からない」とか、「これから婚活なんてどうやろ」とか。人生一回しかないねんから、悔いのないよう何でもチャレンジするのは、すごく大事だと思います。
 以前、瀬戸内寂聴さんが色紙に書いて贈ってくれた「切に生きる」っていう言葉を、いまは座右の銘にしています。1日1日、悔いのないよう大切に、できる範囲でがんばれたらいいと思いますね。

―最後に読者へメッセージをお願いします。

 何でも「目標」をつくると、すごく生活が変わっていくと思うんです。例えばカラオケに行くなら、ただ行くのでなくカラオケ大会に出る目標を作るとか。何か楽しみを見つけて、それに向けてちょっとずつ意識すると、とってもいいんじゃないかと思いますね。
 わたしも体操のときは「わたし、なんでこんなシンドいことしてるんやろ」って思うときもあるけど、おかげで今でもハッピ姿で足を出して人前に立てますから(笑)。日々の積み重ねは、心や身体の健康などすべてに通じると思います

中村さんの 笑顔のもと
1 「食べる・寝る」はやっぱり大切!
納豆など、ねばねば食材が大好き! 睡眠は7時間はとるようにしています。
2 身体を動かすのも大好き!
体操教室と卓球教室が日課です。120歳になっても歌えるように、体力作り!
3 座右の銘は「切(せつ)に生きる」
1日1日悔いのないよう、大切に生きたいですね。人生1回しかないねんから。

錦秋特別公演
中村美律子・神野美伽
2大歌姫の豪華共演!華やかで季節感あふれる舞台です。
平成24年10月5日~29日
会場:大阪新歌舞伎座

新歌舞伎座テレホン予約センター:
TEL 06-7730-2222(午前10時~午後6時)
各種お問合せ(新歌舞伎座 営業課):
TEL 06-7730-2121(午前10時~午後6時)

http://www.shinkabukiza.co.jp/perf_info/20121005.html