ホーム > あの有名人の健康法 > タレント 島崎和歌子 さん
元気読本をご自宅にお届けします
元気読本を一緒に作りませんか?編集・デザイナー募集
病院関係者の方はこちら。患者様サービスのご案内

健康コラム

タレント
島崎和歌子さん

Wakako Shimazaki

1973年3月2日、高知県生まれ。1989年「弱っちゃうんだ」で歌手デビュー。現在では、バラエティ番組をはじめ、女優、歌手など多くの分野で活躍。半年に1回、TBS系列で放映されている「オールスター感謝祭」は1991年から21年間司会を務めている長寿番組。2005年より高知県観光特使に就任している。

今年2月に書籍「美人」を出版した島崎和歌子さん。マツコ・デラックスさんからも太鼓判を押されるほど健康的なお美しさで、様々なジャンルで活躍中です。今回、島崎さんにお仕事や美容のお話をうかがってみました。

―島崎さんは平成元年にデビューされましたが、もともと芸能界に興味があったのですか?

 女の子なら一度はあこがれると思いますけど、まさかなれるなんて思っていませんでしたね。
 記念でオーディションを受けたんですけど、優勝できませんでした。でも、今の事務所の社長がたまたま見に来てくれていて、ご縁があってデビューしました。

―デビュー当時はいかがでしたか?

 デビューした頃、ちょうど歌番組がなくなってしまった時期でした。憧れていたトップテン、ベストテン、夜のヒットスタジオなどが終わってしまって。一度は出てみたかったですね。 
 歌を歌う場所がなくなって、ちょうどバラエティがブームになってきた時期でもあります。森口博子さんや山瀬まみさんなど、私の先輩達がバラドルブームで活躍していて、私も自然と先輩の後をついていき、バラエティに出演するようになっていきました。

―島崎さんといえば、司会を務める「オールスター感謝祭」が半年に一度放映されていますが、もう21年目なんですよね。

 18歳の頃からやらせて頂いているんですけど、こんなにずっと続くなんて、正直私もスタッフも考えていませんでしたね。今では視聴者の皆様も一緒に参加できるのが本当にすごいと思います。

―21年間の中で一番印象深かった出来事は何ですか?

 毎回、毎回様々な思い出があるので、具体的にこの出来事と一つを挙げるのは難しいですね。ただ、やっぱり赤坂5丁目マラソンは毎回通して印象深いです。沿道に赤坂の商店街の皆さんがいて、そしてわざわざ見に来てくれるお客さんがいる。毎回、回を重ねるたびに盛り上がっているので、中継も本格的になっているんです。地方からも技術さんやカメラマンさんを呼び、それこそ本当のマラソン並みの中継体制で行っています。たくさんの方が応援に来てくれて嬉しいですね。

―今年2月に「美人」という書籍を出されましたが、どういった経由で出されたのですか? 

 38歳になった時、まもなく40歳になると思うとリアルに嫌な気分になりました。まさか自分が40歳を迎えるって思えなくって。 
 そういったこともあり、美容とか女性のためだけのお仕事をしたいなと思うようになりました。その時、ちょうどご縁がありまして、週刊女性さんで美容を専門とする先生方との対談を一年間やらせて頂きました。それを一冊の本にまとめて、この本になりました。

―本を通して伝えたいことはありますか?

 20代から30代になるとき、全く何も思いませんでした。でも、ふとまもなく40歳だなって思った時、友達の事を思い浮かべても、働いている人、独身の人、子供がいる人、再婚している人、離婚している人など、30代の女性って実に幅広かったんです。その中で、もうちょっと頑張って「女性だよ」ってアピールしてもらいたいと思いました。おばさんなんて言われるのは腹がたつでしょ?本を読んで、もうちょっと女性の部分を楽しもうって思ってもらえると嬉しいですね。

―美容面で気をつけていることはありますか?

 これから40代、50代を迎える時は結局、健康だと思います。姿、形ではないと思いますね。日頃の肌ケアや食べ物が重要。若さで乗り切れる部分もありますが、年齢とともに段々難しくなりますよね。肌ボロボロ、髪バサバサな人を見ると、ほんとちゃんと食べればいいのになって思います。

―島崎さんの食生活は?

 ほんとシンプルです。和食を中心に1日3食ちゃんと食べます。間食はあまりしませんね。飲み物もジュースは飲まないで、お水とかお茶を飲んでいます。
 最近、食生活で気をつけているのはフルーツを食べること。先生との対談の中で、酵素がいいことをお聞きしまして。それまでフルーツは皮をむくのが面倒くさかったので、あまり食べませんでした。でも、フルーツが何故みずみずしいかを先生からうかがい、その元となる酵素を摂ってみようと思いました。それからフルーツを摂るようになりましたね。旬の果物を1日1回食べるようにしています。

―他に健康のためにしていることはありますか?

 ストレッチですね。運動は今まで色々としましたが、なかなか続けられませんでした。でも毎日3分でも、5分でもいいので、ストレッチするのは体にとても良いですよ。
  あと、ウォーキング。今、ちょうどいい時期でしょ?現代って、筋肉をほとんど使わない生活なので、気をつけていないとどんどん筋肉が衰えてしまいますよね。ドアトゥドアのことが多くて、下手すると1日100歩も歩かない時もあります。そのため、意識的に普段からスニーカーで歩くようにしています。

―最後に読者にメッセージをお願いいたします。

 「美しさ」は健康だなと、40歳を迎える今しみじみと思います。あまりに太りすぎるのはよくないと思いますが、無理なく元気に健康でいることが美しさだと感じます。変に一つに偏らずに何事もバランスの良い生活が大事ですね。あと、よく笑うと免疫力も高まるし良いことだと思います。

 

「美人」
著 島崎和歌子
主婦と生活社/定価1350円(税込)