ホーム > あの有名人の健康法 > 女優 草笛光子さん
元気読本をご自宅にお届けします
元気読本を一緒に作りませんか?編集・デザイナー募集
病院関係者の方はこちら。患者様サービスのご案内

健康コラム
草笛光子さん

女優
草笛光子 さん

Mitsuko Kusabue
1933年10月22日生まれ。1950年松竹歌劇団(SKD)の5期生として入団。1953年に松竹から映画『純潔革命』でデビュー。翌年、SKDを退団後、さまざまな分野で活躍。特にミュージカル界のパイオニア的存在で、『私はシャーリー・ヴァレンタイン』などで芸術祭賞を3度受賞。1999年には紫綬褒章、2005年には旭日小綬章を受章した。

公開中の映画『デンデラ』は、姥(うば)捨山を題材とし、登場人物はみんな70歳以上の老女というインパクトのある作品です。登場人物の中でも100歳というひときわ目立ったデンデラの長・三ツ屋メイ。そのメイを演じる草笛光子さんにインタビューをしました。

『デンデラ』について、色々とすごい作品だと思いますが、草笛さん自身はじめて脚本を見たときどう思われましたか?

そうですね。非常に変わったお話だと思いましたね。まぁ、主要人物は、ばばあが50人だけ(笑)。 自分でもこんな作品見たことがなかったですから。正直、面白いかどうかさえよく分かりませんでした。
そもそも私が演じる三ツ屋メイの年齢が100歳なんですよ。ちょうど脚本を見ている時、目の前に監督がいらっしゃったから「私に100歳の役できますか?」とお聞きしたら、「できます」ってお答え頂いて。思わず「失礼ね」って返しましたよ。普通、「100歳の役あなたにならできます」って言われたら怒るでしょ?でも、そのへんから面白そうだなって思い始めましたね。

その年齢100歳の三ツ屋メイですが、演じていていかがでしたか?

すごい人ですよね。70歳で山に捨てられてそれから30年1人で頑張って生きてきたんだから。生き抜こうとする意志が強く、すごく器の大きい人だと思いますよ。
三ツ屋メイは内面もすごいですが、外見もすごいんです。まず100歳ということで、今回特殊メイクをしました。顔にゴムやスジをつけて、最初の頃はまるで『猿の惑星』に出てくるキャラクターのようでしたけど(笑)。メイクは1時間半くらいかけておこないました。こんな風に自分の顔をいじるのは初めてだったので、不安でしたね。最初は面白がってやってみたのはいいですけど、どうしようかなと撮影中ずっと思っていました。でも、カメラマンさんや周りのスタッフが決めてくれるのだから彼らを信頼して、私が心配することはないと思いましたね。

その強烈なキャラクターを演じられて、ご自身で何か変わったと感じることはありましたか?

女優人生が少し変わったかもしれませんね。演じるのに最初抵抗はありましたけど、「もうやってもいい歳 じゃないかしら、あなたのキャリアは?」と自分に問いかけました。いつまでもキレイ、キレイでいい女やっていても、それで人生終わるわけじゃないですから。こんなこともするんだという女優でなきゃダメだと思います。

ほとんどのシーンが雪の中でしたが、撮影先の山形の庄内平野はいかがでしたか?

正直、辛くて、寒くて、吹雪いて大変でした。色々と辛かったことはありますが、一番辛かったのはトイレですね。雪山だからどこにもなく、かろうじて1台の車に移動用トイレが1個ありましたけど、そこは落ち着かないし。朝、コーヒーを飲まないようにして、代わりに紅茶などを飲むんです。そして、その一杯が何時間もつのか計算して、極力水分は摂りませんでした。でも生理現象ですからどんなに計算しても仕方がないときはあるでしょ?本当に大変でした。

今回の映画のテーマのひとつである「生きる」という点で、草笛さん自身はどう考えていますか?

まず「気」だと思います。生きる気になるということ。そうすれば、健康もついてくると思います。 それに「生き甲斐」も必要ですね。そして、前を向くことが大事だと思います。それもちょっと上を向くことがポイント。前向いて上を向くっていう精神は、いつも持ち続けたいですね。
この3つの信条をもって毎日を「よく生きること」が大事だと思います。 私にとって「よく生きること」は、時間をムダにしないことなんですけど、毎日夜は1人反省会を開いたりしています。そして、毎朝「昨日よりも今日はもっとよく生きますように。私も努力します。お守りください」と、自分への誓いをたてています。

映画の見どころを教えてください。

とにかくすごい映画なので、これを観てびっくりしないで欲しいと思います。私なんて王様のガウンみたいなボロ服着てますけど、このボロがすてきなボロなんです。同じボロでも登場人物1人1人が違うボロファッションも見どころの1つです。「生きる」だけではなく、様々なテーマが詰まっているので、観て下さった方々が思い思いに何か感じとってくださればいいなぁと思いますね。

最後に読者にメッセージをお願いします。

気持ちを元気にすれば、身体も元気になります。私はどんなにシリアスな状況でも、別の方向に面白く考え てみます。そうやって馬鹿なことも考えるユーモア精神が、落ち込みをすくってくれます。暗いままだと浮かびあがれないでしょ?ぱっ、と浮かび上げるようなそういったユーモア精神が必要ですね。

『デンデラ』
全国ロードショー公開中


出演:浅丘ルリ子、倍賞美津子、山本陽子、草笛光子 

監督:天願大介
原作:佐藤友哉『デンデラ』(新潮社刊)
配給:東映

老人を山に捨てる「姥(うば)捨山伝説」を題材にした作品。死んだと思われていたはずの老女50 人が、過酷な自然環境のなかで懸命に生き延びていく姿を描く。日本映画界を代表する豪華女 優陣が集結。

©2011「デンデラ」製作委員会