ホーム > あの有名人の健康法 > 歌手 庄野 真代 さん
元気読本をご自宅にお届けします
元気読本を一緒に作りませんか?編集・デザイナー募集
病院関係者の方はこちら。患者様サービスのご案内

健康コラム

歌手 庄野 真代 さん

1954年12月23日、大阪府生まれ。1975年に「フォーク音楽祭」の関西四国大会でグランプリに輝く。全国大会でスカウトされ自身の曲「あとりえ」で歌手デビュー。1978年にリリースした5枚目のシングル「飛んでイスタンブール」がヒットし、NHK紅白歌合戦にも出場を果たす。歌手以外にも、司会、ドラマ出演と活躍の場を広げ、1991年にはシンガポール、マレーシア、香港でCDデビュー。アジアでの音楽活動を始める。2006年にNPO法人「国境なき楽団」を発足。現在はチャリティーコンサートを始め、音楽を通じたさまざまな活動に力を注いでいる。
■ホームページ
http://park16.wakwak.com/~mayo/


歌手として活躍しながら、世界中の人たちへ音楽を届けるNPO法人「国境なき楽団」の代表として積極的な行動を見せている庄野真代さん。病気やケガを通じて得ることができたご経験や人生観、また音楽への熱い思いを語ってくださいました。

幼少の頃は身体が弱かったと聞いていますが、健康にはどのように気をつけていらっしゃいますか?

過去15回も入院経験があるんですよ。でも小さい頃から、自分の身体と向き合ってきた時間がとても長かったので、身体の声が聞き取れるんです。「まだ手術したばっかりだから…」「どのくらい待てば良いかな?」と、身体との対話を楽しむことで、無茶をしないように気をつけたり、メンテナンスを心がけるようにしています。

事故と病気で大きなご入院も経験されていますが。

もう10年以上前になりますが、全身麻酔の手術を受けたことが大きなターニングポイントとなって、「人の命はいつどんなことが起こるか分からない。やりたいと思っていることは一つ一つこなしていかないと夢には届かない」と感じたんです。その経験が、それまで抱えていた子宮筋腫の手術に踏み切るきっかけを与えてくれました。そして、その入院中に、今後やりたいこと、「環境問題を学びたい」「ライヴハウスをつくりたい」などたくさんの項目をリストにし、それが今の活動のベースとなっているんです。

入院生活を楽しく過ごすためにできることはなんでしょう?

入院は神様がくれた休息だと感じていましたから、出会いを大切にして、いつも周りの人たちとの会話を楽しんでいました。楽しく過ごすために会話は重要ですね。看護師の人たちとも積極的にコミュニケーションをはかって、良い関係を築くことができたので心地良い入院生活を送ることができました。

食生活で気をつけていることはありますか?

基本的には身体にいいものを選んで食べています。良い素材を栄養価の損なわれない調理法でシンプルに食べるようにしています。あと、消化の良いものを食べるように。昨年、「Com.Café音倉」(ページ左下参照)がオープンしてからはこちらでご飯を食べる機会が多いのですが、凄く体調が良いんですよ。素材にこだわって一から料理するってものすごく大切なんだなって思います。オーガニックの料理、評判いいですよ。

NPO法人「国境なき楽団」の代表を務めていらっしゃいますが、どのような活動を行なっているのですか?

主に4つの活動を行っています。1つ目は、コンサートを聴きに行けない人のところへボランティアでコンサートを届けるプロジェクト「TSUBASA」です。災害被災地を応援するチャリティーコンサートや音楽セラピーなども手掛けています。
2つ目は、「セプテンバーコンサート」という平和をキーワードにいろんな人が集まってメッセージを発信する市民コンサートです。私の友人がニューヨークで2001年の同時多発テロの翌年から始めて、日本では2005年からスタートしました。入場料無料、出演料もなしで、心だけが行き来するイベントとして、いろんな方が年齢もジャンルも超えて繋がって、現在では世界中へ広がっています。
3つ目は、「海を渡る風」というプロジェクトで、日本で不要になった楽器を集めて修理し、途上国の子どもたちに寄付をする活動です。ホームページ上で楽器の寄付をお願いしているのですが、毎日5〜6件ぐらい連絡があって、何かしら楽器が送られてきています。
4つ目は、「国境なき楽団」を支える上で欠かせない収益事業の一環として、昨年8月に下北沢にオープンさせたライヴハウス「Com.Café音倉」です。現在いろんな団体が活動をしていますが、音倉を通してみんなが連携し、新しい企画が生まれてくる場所を作りたかったんです。

楽団発足のきっかけを教えてください。

2000年から大学で環境問題を学び、2001年に学生有志で任意のボランティア団体「TSUBASA」を結成したのが始まりです。その後、マニラのストリートチルドレンの支援に関わり、保護施設で歌やダンスなど
で心の治療をしていることを知って、音楽療法も活動に取り入れたいと思いました。NPO法人としての正式な発足は2006年になります。大学院で開発人類学を学び、その知識と経験を生かしたいと思ってNPO法人を作ろうと決意したんです。

今後の「国境なき楽団」の展開、ご自身の活動予定を教えてください。

4つのプロジェクト、ようやく車で言う四輪が揃った状態なので、ガタつきなく進んでいきたいですね。毎年、活動自体がジワジワと広がってきているので、方向性がブレないように修正しながら、ゆっくりと発展していければ良いなと思っています。今年も「国境なき楽団」の活動がメインとなりますが、楽団が活動できるということは、自身の音楽活動がしっかりできているからこそだと思っていますので、そこは守って、大切にしていきたいですね。

最後に、読者へのメッセージをお願いします。

いつも新しいドキドキを感じてほしいです。ドキドキすることで身体の中のエネルギーが充電されると、いろんな可能性が広がってくるし、身体も心も元気になってくると思うんです。老化を防ぐ良い方法はいつも新しいことをやること、トライしてみること。さあ、ドキドキしよう。

庄野真代さんが看板娘を務めるコミュニティ・カフェ「Com.Café 音倉」。『身体にやさしい食・心にやさしい音楽・じわっと笑顔がうまれる空間』として、昼はカフェ、夜はライヴハウスの顔を持っています。大人が気軽に立ち寄れる基地として、昨年8月に下北沢にオープンしました。オーガニック素材を使った料理を味わいながら、アートギャラリー、本格的ライヴをお楽しみください。
■住所:東京都世田谷区北沢2-26-23 EL NIU B1F
■TEL:03-6751-1311
http://www.otokura.jp/